現役アスリートのパーソナルトレーニング(女子野球 山崎まり選手)

2020年2月14日   投稿者: staff

山崎まり

 

SAWAKI GYMをご利用いただいている現役アスリート、山崎まり選手(女子野球)のトレーニング風景が、スポーツ女子のモチベーターメディア”B&”に掲載されました。

記事の詳細は下記の文章をクリックいただくとホームページに飛びますので是非ご覧ください。

 

第1回 女子野球・山崎まり「二足の草鞋は辞めた」すべての選択は野球のために

 

第2回 筋力を競技力へ。現役アスリート山崎まりのパーソナルトレーニング活用法

 

いずれもパーソナルトレーニングスタジオSAWAKI GYM早稲田本店にて取材が行われました^^

記事にもご紹介いただいておりますが、山崎選手はSAWAKI GYMを長くご利用いただいており、オフシーズンは月2回、シーズンインすると月1回の頻度でご利用いただいております。

 

アスリートの方はシーズン中たくさん来れないことが多いので、月1~2回SAWAKI GYMへお越しいただき、あとはご自身の使っているジムや練習場でトレーニングをしていただくようなご利用の仕方をされる方が多いです。

 

都度利用制度のご案内はこちらをクリックください

 

SAWAKI GYMへ来たときに、現在の体調や練習・トレーニングの状況確認、トレーニングプログラムの更新や修正などを行ってからトレーニングプログラムを進めていきます。

今回は山崎選手が普段どんなトレーニングをしているのかをご紹介していきたいと思います。

 

山崎選手のトレーニング

バックスクワット

山崎まり①

 

バーベルを肩に担いで行うトレーニングで、下半身の押す力を強くしていきます。

アスリートにとっては強い足腰は、高いパフォーマンスを発揮するために、とても大切です。

例えばバッティングのようなスイングの動きは、下半身→体幹→上半身へと力が伝達されます。

下半身で強いパワーを発揮できることが、力強いバッティングへとつながるのです。

ルーマニアンデッドリフト

 

 

股関節をドアの蝶番のように動かすエクササイズです。

この動きではハムストリングスという腿の裏側にある筋肉へ刺激が入ります。

このハムストリングスという筋肉は走る動作やジャンプの動作などで使う筋肉で、スポーツのパフォーマンス向上のためには重要な筋肉です。

また、肉離れなども起こしやすい筋肉なので、トレーニングをして強くすることで怪我の予防にもつながります。

 

ベンチプレス

 

山崎まり③

 

上半身の代表的な種目ベンチプレス。上半身の水平方向に押す力の強化のために行います。

下半身でどんなに強い力を発揮できても、それを伝える上半身の力が弱いと、バッティングへつなげることができません。

競技力向上のためには下半身だけでなく、上半身のトレーニングもしっかり行います。

 

ローテーショナルスクワット

 

 

下半身から上半身へパワーを伝えるためのエクササイズです。

回旋というバッティングなどで必要な動きで、このようなエクササイズを行うことでより競技に近い力の使い方を体で覚えていきます。

 

 

ここでは記事の中では行っていない種目もご紹介しました。

記事の中でも、様々なトレーニング種目を行っており、いずれも目標の”野球のパフォーマンス向上”を目指し取り組んでいる種目です。

野球の試合本番に最高のパフォーマンスが発揮できるよう、計画的に強度や種目内容を変えて実践していきます。

 

 

アスリート・運動愛好家のトレーニング

 

山崎選手以外にも、サッカー・相撲・ボクシング・バドミントン・プロレスなど様々な競技で活躍しているアスリートがトレーニングを積んでいます。

SAWAKI GYMでのトレーニングは「動きのパフォーマンス向上」「けがの予防・防止」「競技に必要な体力の向上」に効果的です。

トップアスリートだけでなく、趣味で取り組んでいるスポーツの競技パフォーマンスを向上したい一般の方にも同じようにしっかりと計画を組んでプログラムを進めていきます。

大好きなスポーツで、最高のパフォーマンスが発揮できる体を目指してトレーニングしてみませんか?

 

★スポーツのトレーニングに興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらをクリックください。

 


Scroll Up