免疫力を上げるコツ!

2020年8月3日   投稿者: staff

みなさまこんにちは!梅雨も明け、一気に夏らしい天気に変わって参りました。しかし新型コロナウイルスは、いまだに猛威を振るっています。手洗い・うがい・マスク着用などの対策は前提ですが、今回はうつらない、うつさないための、免疫力の上げ方をご紹介いたします!

免疫の機能

免疫機能はカラダを細菌やウイルスから守り、健康に保つ力です。しかし、ストレスや生活習慣の乱れにより正常に機能しなくなることがあります。そこでカギになってくるのが、自律神経です。交感神経と副交感神経のバランスを整えること=免疫機能が正常に働くということになります。では、どのようなことを心がければバランスを正常に保つことができるのでしょうか?

カラダを動かす

なんといっても、運動です。まずは1日に10分程度のストレッチや体操から始めて、習慣づけましょう。うっすら汗をかくような散歩や有酸素運動もよいです。生活習慣病の予防や、脳の活性化の為にもカラダを動かすことはとっても大切です。

食事

免疫力を高める栄養素04

免疫機能を正常に維持するためには、バランスのよい食事が必要不可欠です。特に良質なたんぱく質、ビタミン・ミネラルは意識して摂取するようにしましょう。糖質や脂質ばかりに偏らないよう注意します。

睡眠

睡眠

夜にしっかり眠ると、昼間はスッキリ起きて活動できます。昼間には交感神経が、夜は副交感神経が働くという自然な切り替えのためにも、睡眠のリズムや、質にこだわることが重要です。

笑顔

笑うことで、副交感神経が優位に働きます。また、NK細胞という、免疫をつかさどる重要な細胞が活性化されることが分かっています。作り笑いでも効果がみられますが、是非心の底から笑いましょう。笑顔でいると、周りの人も幸せになります。

カラダを温める

免疫力を高める栄養素01

体温が高いとリンパ球が増えて活性化し、免疫機能が高まります。また、身体が温まると血管が拡張して副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなります。

入浴はぬるめのお湯でゆっくりと入るようにします。40度くらいのお風呂に10分以上つかるとよいでしょう。シャワーだけでは身体が温まらず、交感神経が刺激されるため、あまりリラックスできません。夏場でもシャワーで済ませず、湯船につかることがオススメです。

リラックスできる時間をつくる

仕事が忙しかったり、帰りが遅くなったりすると、なかなかゆったりとした時間がもてません。さらに、多忙はストレスから暴飲暴食を招きやすくなります。なるべく 心を休めるような時間を作りましょう。音楽を聴いたり、好きな匂いのアロマ・お香を焚いたりするのもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。免疫力を上げるためには、まず自分の生活を見つめ、カラダを整えることが非常に大切です。心身ともに健康な状態を保つことでウイルスや細菌から身を守ることができます。上記の方法を実践して免疫力を上げ、元気に過ごしましょう!

 



Scroll Up