パーソナルトレーナーの選び方

2014年6月21日   投稿者: sawakigym

代表取締役 澤木一貴

パーソナルトレーニングスタジオSAWAKI GYM代表の澤木です。

パーソナルトレーナーの選び方

パーソナルトレーナーの選び方についてご質問をいただいたので、この記事で回答したく思います(原文からはアレンジしています)。

Q1:パーソナルトレーニングの効果が感じられないが、どうしたら良いか?
Q2:高いパーソナルトレーニングの価値を感じないが。。。
Q3:担当パーソナルトレーナーとのコミュニケーションがうまく取れない。

A:はい^^回答しましょう。*澤木個人の見解です。

私は、パーソナルトレーナーは、健康づくりの主治医的立場、と考えています。
例えば、ケガをして病院へ行き、納得いく結果や回答が得られなかったとき、どうしますか?

私は、複数の病院をまわり、いろいろなお医者さんの見解をきいてみます。同じ回答のときもあれば、全く違う見解のときもあります。「これはミスなのでは?」と思ったり、ほとんど触らずに評価されたりしたことも・・・様々です。*澤木個人の見解です。

パーソナルトレーナーも同じではないでしょうか?納得いかない指導を受けている場合は、複数のトレーナーに一度みてもらって、その上で合うトレーナーをみつければ良いのではないでしょうか。

もしも、もしも、あなたのパーソナルトレーナーの知識や技術が乏しかったり、間違って知識を覚えている場合は、非常にキケンです(テレンス・リー風に)!!!

パーソナルトレーナーは、正しいライフスタイルを確立させるスペシャリストであるので、間違った身体動作やトレーニングを知らず知らずのうちに指導されていたら、そりゃもう、医療ミスどころではないですよ(^_^;)・・・まあ、この時点で、トレーナー自身が何が間違っているか分からない場合が多いのも現実。

パーソナルトレーナーのことが好きであるとか、ただそばにいてほしい、というのもお客様のモチベーションだと思うので、それはそれでアリなのです!。パーソナルトレーナーはサービス業ですから、ホスト・ホステスなのです。選ぶお客様の自由です。*澤木個人の見解です。

過去にこのようなことがありました。今もみている私のお客様のことです。

「私、Aトレーナーにもみてもらうことになりました。」
「どうぞ、どうぞ♪しっかり違いを勉強してきてください。」

Aトレーナーは、業界でもかなりの有名人で、割と高重量でご指導されます。当時、私はファンクショナルトレーニング中心でご指導していましたので、ちょうど手薄になっていた部分を補ってもらえると思って、送り出しました。

3か月後、私のお客様はAさんのトレーニング契約期間を終え、見事に見た目をよりよく変えて帰ってきました(同時並行で私のセッションも受けています)。

「澤木さんのトレーニングはで、身体や動きの基礎を作ってくれていたので、Aさんのトレーニングは楽々できました。自重で意識することも大事だし、重たいものを持つ良さも今回学習できました。カラダづくりのことがわかって楽しくなってきました!」

お客様側の方にお伝えしたいことは、いろいろなトレーナーを体験してみたら?ということです。

どのような評価をし、プログラムをつくるかはトレーナーの個性なので、正しい正しくないではありません。合うか合わないか、信じられるか、信じられないか、なのです。

この情報をどう使うかは自由ですが、フィットネス業界、ことパーソナルトレーニング業界の将来のことを思えば、いつかは発信しておきたいなぁと思っていたことです。

だって、ウチの病院以外受診しないでください!という病院はないですよね。

ケトルベルトレーニング

★パーソナルトレーニングのご相談、お申し込みはコチラ

Scroll Up